妊娠中の脱毛! 気をつけておきたいポイント!!

*

妊娠中の脱毛! 気をつけておきたいポイント!!

妊娠中の脱毛はどうなのか?



女性はどんな方でも、ムダ毛などで悩んだことは一度はあると思いますよね。

ただ、その時期が妊娠中だとどうなのでしょうか?
妊娠中はどうしても毛深くなります。
妊娠中でも、ムダ毛が気になるものです。

妊娠中に脱毛をしてもいいのでしょうか?
ただ、出産すると抜け毛がひどくなり、脱毛する必要はない
と、よく話を聞いたりします!

そうは言っても、妊娠中は普段より毛深くなり、どうしても気になります。
出産後に脱毛をしたくても、子供に手がかかり脱毛を行う時間が取れないのではないかと思います。
どうしても妊娠中に脱毛処理をしたくてたまりません。

脱毛をするにはレーザー脱毛などを行うと、どうしても体に刺激を与えてしまい
胎児に無良くないと医師からはよく言われているようですね。
産後、慌てて脱毛をするのではなく、子供の手がかからなくなるまで待って脱毛をしたほうがいいようですね。
そうすることで、心置きなくレーザー脱毛でも好きな脱毛をすることができるのでいいのでは。



妊娠中のフラッシュ脱毛は?



妊娠中でもムダ毛は多数出てきます。
そこで、フラッシュ脱毛をしようかとある店に行きました。
妊娠中であることを告げると非常にいやな顔をされてしまいました。
妊娠中でも、フラッシュ脱毛をしても問題はないということですが、
店員さんの顔色はあまり良くありません。

通常であれば普通に受け付けてくれるのでしょうが、
妊娠中ということで、たぶんですが、フラッシュ脱毛をすることで
流産や奇形になった場合に店のせいにされたくないからでしょう。

確かに私がサロンの店員であれば、同じように考えるでしょう。
そこまでして、1人の命に影響を及ぼすようなことをする必要なない
と思い脱毛をするのはやめました。

医師に相談したところ、フラッシュ脱毛自体は、退治に及ぼす影響は
考えにくいと言うことです。
ただし、フラッシュ脱毛をすることで、母体の精神的な苦痛や
その他のストレスがかかること自体が胎児に影響を及ぼすことがあるということです。
妊娠中にそこまで、フラッシュ脱毛にこだわる必要はないという結論です。



妊娠中の脱毛は肌に悪い?



妊娠中の脱毛はやっていいものでしょうか?
妊娠中というのは、ホルモンのバランスが崩れてきたり、偏ったりしてしまいます。
また、肌が非常に敏感になったりするパターンもあります。
肌と毛というのは非常に繋がりが強くて、影響しやすいものです。
成長期に、陰毛や腋毛が生えてきますが、これは、女性ホルモンが活発になってきているからです。
同じように、妊娠中も女性ホルモンが非常に活発に活動し出すので、
その時に脱毛を行いますと普段以上の強い痛みを感じたりしてしまいます。

妊娠中でも、ごくまれにですが全く妊娠前と変わらないという人もいます。
結論から言いますと、妊娠中は脱毛はやめておいたほうがいいと思います。
妊娠中は、肌が黒くなる傾向がありますので、
光脱毛は黒い物質に反応して照射されてしまいますのでお勧めできません。
そこまでの危険を冒してまでする必要性があるかと考えたらやらない方がいいと思われます。
一番いいのは、妊娠前に脱毛処理を終わらせることをおすすめです。



妊娠中・出産後どおタイミングで脱毛処理をするのがいいのか?



妊娠中は脱毛をしないほうがいいと良く耳にします。

それでは授乳中は脱毛をしてもいいのだろうか?
授乳中であれば、赤ちゃんも出てきていて体には問題はないのでいいのではと思います。
出産後でも、髪の毛が抜けたり、今まで手足が冷たかった人が
急に手足があったかくなっていたりして、体質が変わることがよくあります。
人によって違いますが、いろいろな部分で体質が変わる可能性が高くなり、
そのような時に脱毛をしていいのか?
と、不安になったりしませんか?

出産後の脱毛は、一般的に出産後でも1年から1年半以上をあけてから
脱毛をしたほうがいいと聞きました。
妊娠前に脱毛を開始して、途中で妊娠をしてしまった、
という方もよく見受けられますが、その場合は回数無制限というコースもありますので
そちらでやっておいたほうがいいと思いますよね。

結婚まじかの女性の場合は、いつ妊娠してもおかしくないので、
その時に脱毛を開始する場合は、必ず回数無制限コースで脱毛処理に取り掛かり、
妊娠してしまった場合はいあったんやめて出産後最低1年後に
再度脱毛処理を開始したほうがいいですよ。



女性の美への追求は妊娠中でもあります。



女性というものは、本当にエゴイストではないかと思ってしまう。
どんな時でも美への追求は非常に高いものだなあ。
美しく見せたいという女性本来の姿は妊娠した時でも変わりません。
ただ、退治がお腹にいるという時の母性本能もすごいものがあります。
赤ちゃんは自分の分身のようなものです。
その赤ちゃんを守りたいという本能と美しくなりたいという
美への追求のどちらが勝つかというと、やはり赤ちゃんへの母性本能が勝つ、
勝ってほしいと思ってしまう。

人間がいくら進化していっても、一番大事なものを失って欲しくないと思いますね。
わざわざ妊娠中に、脱毛をしてキレイになるよりは、
人として退治が無事生まれてくることを望んでくれることの方を選んで欲しいものですね。

脱毛は出産後にしても問題ないと思ってしまうのは私だけでしょうか?
今妊娠中の方で、脱毛をしようかどうしようか迷っている人は、
是非これを読んで出産後に脱毛処理をするように決めていただきたい。
妊娠中に脱毛をするのは、問題があるわけではありませんが、絶対ということはありません。
普通と違うことを人工的にするということは、何らかのリスクが必ずありますよね。



脱毛サロン店が妊娠中のお客を断る理由とは?



脱毛には、大きく分けてレーザー脱毛・光脱毛の2種類があります。

妊娠中にこの脱毛を行うとなにか胎児に悪影響を与えるものでしょうか?
妊娠中に、これらの脱毛を行っても退治にはなんの影響も与えないということはいえるでしょう。

では、なぜ妊娠中の女性の脱毛を断るのか?
2つの大きな理由があるのです。

妊娠中はホルモンバランスが乱れます。
ホルモンバランスが乱れると何が悪いのか、妊娠中は毛が濃くなる傾向があります。
そのため、脱毛の効果が得られにくいので断られることになります。
人によっては全く効果が得られない人もいます。
もうひとつの理由は、妊娠中は精神的に不安定になるからです。

妊娠していない時ではトラブルにならないようなことでも、
妊娠中であればトラブルになってしまうようなことが出てきます。
そのため店から断られることになります。

胎児に影響を与えないけど脱毛サロン店から断られる理由はこのような2つの理由があります。
電気脱毛だけは、退治にも悪影響を与えることがありますので絶対にオススメできません。